top of page

【面接の手引き】ついに最終面接!最後に対策しておくべき内容は?



最終面接では、自社に合う人材かを見極めるため、社長や役員の方が面接官になることが多く、企業の理念や価値観にしっかりと合致した人材であるかを最終判断されます。つまり、入社意欲をアピールできる最後のチャンスでもあるのです。

この記事では、最終面接時におさえておくべきポイントやよく聞かれる質問など、最終面接当日までに知っておくと役に立つ情報をまとめています。しっかりと準備して、最終面接に臨めるようにしましょう。

 

もくじ

 

最終面接について知っておくべきポイント


最終面接は「役員面接」と呼ばれることもあり、社長や役員などその企業の経営層が面接となることが多いです。企業によっては、社長や役員との顔合わせとしてあまり厳格な最終選考を行わない企業もありますが、最終面接でも1次、2次面接と変わらず候補者の中から厳選して合否を決定する企業もあります。そのため、最終面接だとしても手を抜かずにしっかりと準備をしたほうが良いでしょう。そして、最終面接を通過するためには事前に知っておくべきポイントがいくつかあります。その中でも必ずおさえておきたい2つのポイントを以下に紹介します。


―企業が最終面接を行う目的


落ち着いて最終面接に臨むために、まず企業が最終面接を行う目的を把握しておくことは大切です。企業側の目的は、1次、2次面接を通過した人の中からより企業の理念やカルチャーに合致した人材を見つけ出すことです。どんなに能力が高くても、企業の理念やカルチャー、価値観に合わなければ、その能力を転職者がうまく発揮できずに早期退職されてしまうリスクが考えられます。そのため、企業側は最終面接で応募者の人柄や価値観を探り、自社との相性を見極めようとするのです。


―1次、2次面接との違い


1次、2次面接では、応募者がこれまで培ってきたスキルや経験、人間性、社会人としてのマナーなどを判断基準として選考されることが多いです。しかし、最終面接では以下の内容を判断基準として見られることが多くなります。


  • 自社の社風や理念に合っているか

  • 志望意欲は高いか

  • 事業に貢献してくれそうか

  • 経営層の考え方に共感しているか

つまり、最終面接ではスキルや一般的な常識やマナーだけではなく、応募者と企業の間にミスマッチが起きていないか確認するという意味合いが強くなります。その企業で本当に働きたいという熱意を示すことが大切です。


最終面接に受かりやすい人、落ちやすい人の違い


最終面接に受かりやすい人、落ちやすい人とでは、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いを確認して、自分にも改善できる点がないか考えてみましょう。以下で項目ごとに受かりやすい人、落ちやすい人の傾向を解説します。


―企業の価値観と自分の考え方がマッチしているか


最終面接に受かりやすい人の特徴として、その会社の理念を理解し、なぜその理念に共感できるのか自分の言葉で表現できる人であることが挙げられます。堅実的に成長を遂げたいと考える企業なのか、リスクを恐れず新しいチャレンジしていくべきだと考える企業なのか、企業ごとに価値観は異なります。その価値観に合った自分の考えを伝えることができれば、面接官である経営層に共感され、最終面接に受かりやすくなるでしょう。特に最近では「ミッション・ビジョン・バリュー」という表現で理念をより詳細に表現されている企業も多いので、しっかり確認しておきましょう。

一方で、最終面接で落ちやすい人の特徴としては、「企業と自身の価値観が合っていないこと」が挙げられます。また、内心では企業の価値観に合った考えを持っていても、最終面接の場で伝えきれなかった場合、自社の価値観と合わないと判断されてしまう可能性があります。

企業の価値観と自分の考え方がマッチしていると伝えるためには、企業研究をしっかりと行い企業の理念、経営方針、今後の事業展開などを理解することが大切です。そして、自分はどういう考えを持っているのか整理し、その企業とマッチした人材であることを面接官にきちんと伝えられるように言語化しておくと良いでしょう。


―主張にブレがなく一貫性があるか


最終面接に受かりやすい人の特徴としてもうひとつ挙げられるのが、「主張にブレがないこと」です。1次、2次面接など今までの面接で会話した内容はその企業内で連携され、たとえ面接官が変わっても、前の面接で何を話していたかは共有されていることが多いです。そのため、主張に一貫性のある人は自分の軸がしっかりあることをアピールできるので最終面接でも良い印象を残すことができるでしょう。

一方で、今までの面接での主張と一貫性のない話をしてしまう人は、コロコロと主張が変わるため面接官に「信用できない」など、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。そのため、選考に落ちやすくなってしまうのです。

ブレがない主張をするためには、1次、2次面接を振り返り自分は何を軸に企業選びをしているのか、入社後は何を達成したいと考えているのかなど、もう一度自分の主張を整理しておくことが大切です。また、その主張がその企業が求めている人物像と合致している根拠も示せるようにしておくとなお良いでしょう。


最終面接までにするべき対策


ここからは、最終面接までにどのような対策を具体的に行うべきか確認していきましょう。


対策1. 最新の企業情報を収集


まずは、最新の企業情報はしっかりとおさえておくことが大切です。1次、2次面接までに企業への理解を深めたからといって気を抜いてはいけません。1次、2次面接から最終面接までの間に、新しい情報が発表されることもあります。最新の情報をおさえておくことで、面接時に質問されたときにも慌てることなく答えることができます。さらに、自らその話題を面接時に出すことで、しっかり情報をチェックしているアピールにつながり「熱意がある」「志望度が高い」という好印象を持ってもらえる可能性もあります。


対策2. 志望動機、自己分析の見直し


最終面接では入社意欲について深く追及されることが多いため、志望動機やそのほか自分にまつわる情報を整理しておくことも大切です。エントリーシートや履歴書に記載した内容をよく見直しておきましょう。

面接官は基本的にエントリーシートや履歴書をもとに質問します。自分が書類をどのような意図で書いたのか整理しておくことで、質問に対して的確かつスムーズに回答することができるでしょう。


対策3. 想定される質問回答、逆質問の用意


最終面接では具体的にどんなことを聞かれるのかを予測し、その回答をある程度事前に用意しておきましょう。また、面接の終盤に面接官から「何か質問はありますか?」と問われる場合も多いです。このような「逆質問」は、熱意や志望度をアピールできるチャンスなので、予備の質問も含めて、最低でも2〜3個は質問を用意しておきましょう。


最終面接でよく聞かれる質問と回答例


ここからは、最終面接でよく聞かれる質問と適切な回答例を紹介します。最終面接では、応募者の能力や入社意欲に加え、自社の価値観とマッチするかどうかが判断されます。そのため、自己分析をしっかりできていること、企業や業界に関する知識を深められていることが重要です。それぞれ紹介する回答例を参考に自分なりの回答を考えておくようにしましょう。


よく聞かれる質問①「自己PRをしてください」


回答例

 

私は企画力に自信があります。前職では、今まで実施してこなかった季節ごとのキャンペーンを四季ごとに立案・実施し、前年比130%の売上をあげることができました。また、企画の実施にあたり各所への配慮も忘れないようにしています。社内外の調整を密に行い、プロジェクトを進行するうえで、無理がないかディレクターとして判断し、実現可能な企画を着実に進めていくことが得意です。チームワークを大切にされている御社でも、持ち前の企画力を活かして業務に取り組んでいきたいと考えています。

 

ポイント

1次や、2次面接でも質問されることが多いですが、面接官が変わるので改めて聞かれることも多い質問です。特に最終面接では、詳細に人物像や価値観を探るために聞かれることがあります。自分の長所をアピールできる質問となるので、前職での実績をできるだけ数値などのエビデンスとなるデータを交えて伝えましょう。また、今まで得たスキルがどのように転職先で活かせるのか面接官にイメージしてもらえるように、改めて内容を整理して伝えることが大切です。


よく聞かれる質問②「同業他社ではなく当社を志望する理由は?」


回答例

 

御社の経営理念である『豊かな社会づくりへの貢献』に共感したからです。同様の理念を掲げる他の企業もありますが、御社は昨年○○のプロジェクトで、○○のような実績があり、その理念を徹底されていると感じました。採用ページに掲載されていた社員の皆様の声を見ても、この理念に共感されていると思いました。そのような従業員が全員同じ認識を持っている環境で働きたいと考えております。

 

ポイント

面接官は、自社への理解度や自社を選ぶ理由を掘り下げ、志望度を測ろうとします。自分が企業のどこに魅力を感じ、なぜ志望するのかを明確に、論理立てて回答するようにしましょう。給与や待遇などを挙げてしまうと「表面的にしか見ていない」とマイナスな印象を与える恐れがあるため、企業理念や事業など、その企業独自のものを理由として挙げることをおすすめします。



よく聞かれる質問③「当社で実現したいことはありますか? 」


回答例

 

商品企画の経験を生かして、御社の新製品企画に携わりたいと考えています。特に御社が注力している○○分野では、他社に先駆けて開発した○○がSNSなどで大きな話題を呼んでいます。御社の商品は、どれも顧客の声をしっかりと反映されている印象が強く、私も今まで商品を企画しては改良を重ね、より良い商品を顧客のもとへ届けたいという思いを持って業務を行ってまいりました。その思いを忘れず、今までの経験も活かして顧客に寄り添った商品開発を行っていきたいと考えています。

 

ポイント

入社後の業務に対する意欲を確認するための質問です。また、応募者が入社してくれた場合にどのようなメリットがもたらしてくれるか確認するための質問でもあります。自分の実績や経験などを紹介し、どのように転職先で貢献できるのか具体的に回答しましょう。



よく聞かれる質問④「あなたの能力/経験を、弊社でどのように活かせるとお考えですか?」


回答例

 

私は、前職で法人営業を担当し、自社の商品の販売を担当しておりました。中でもお客様との良い信頼関係を築くことには自信があります。私は継続的なお客様との関係性を大切にしておりましたので、お客様に何か課題があった際にはまず声をかけて頂いていました。そのため、売上においてもここ2年間毎月トップセールスの成績をおさめることが出来ています。また、新規のお客様にも定期的に丁寧なご連絡をすることで、新規顧客の開拓にもつなげた実績があります。御社でも、お客様と良い関係を築き結果的に売上に貢献できるよう頑張っていきたいと思っております。

 

ポイント

企業側は、長期的に事業に貢献してくれる人材を探しています。この質問では、経験やスキルをどのように活かせるかという実務面を見ていることが多いです。そのため、「御社で成長していきたい」などの願望や意欲を伝えると、面接官が求めている回答とずれが生じやすいので注意が必要です。最終面接では、どの事業レベルで自分がどのような貢献ができるか、企業がメリットと感じるようなことを具体的に挙げて答えましょう。


よく聞かれる質問⑤「仕事をする上で、何を大切にしていますか?」


回答例

 

仕事をするうえで大切にしていることは、信頼関係です。仕事は自分1人で行うものではなく、上司や同僚、お客様など、多くの人達のサポートがあってこそできるものだからです。信頼しあえる関係を築けているからこそ、それぞれの人の業務パフォーマンスが上がると考えています。

 

ポイント

仕事に対する価値観やモチベーションを測り、仕事における優先順位を確認するための質問です。仕事に対する価値観を確認することで、面接官は自社の価値観と大きな認識の違いがないかを判断します。大切にしていること自体が、面接先の企業の考え方や社風に近しいものであるかも採用の判断ポイントとなり得ますが、「なぜそれを大切にしているか」面接官が納得できる内容を伝えられるかどうかも重要です。



最終面接で働く意欲をアピールできる逆質問例


1次、2次面接でも聞かれたことがあるかと思いますが、最終面接でも終盤に「何か質問はありますか」と問われることがよくあります。この問いに対し「ありません」と答えることだけは避けましょう。「志望度が低い」「会社にあまり興味がない」などと判断されてしまう可能性が高いからです。

逆質問として、必ず何か2~3つ質問できるようにしておきましょう。逆質問をする際にポイントとなるのは、自身の長所や入社への熱意を織り交ぜてアピールすることです。また、逆質問は質問して終わりではありません。面接官と会話になることを想定し、自分の得意なこと、最終的に自分のアピールにつなげられそうな内容を質問すると良いでしょう。

以下では、働く意欲をアピールできる逆質問例を3つ紹介します。


逆質問例1.「ご縁をいただけた場合、入社までに勉強しておくべきことはありますか?」


モチベーションの高さをアピールできる逆質問です。入社意欲の高さに加え、自ら学びや準備の姿勢を見せることで、向上心の高さもアピールできます。


逆質問例2.「積極的に意見を出していきたいタイプなのですが、大丈夫でしょうか?」


自身の長所をアピールしきれなかった際には、逆質問を上手く活用してみましょう。ただし、「長所です」「得意です」などと言い切ると、自己主張が強すぎる印象を与えかねないので、自分の性格や強みを紹介しつつ、「大丈夫でしょうか」などとお伺いを立てるスタンスで聞いてみると良いです。


逆質問例3.「仕事の成果は、どのような観点で評価されるのでしょうか?」


自分が仕事で成果を出すためにはどのような努力が必要なのか確認することは、評価されるために頑張る意志があるという面接官へのアピールにつながります。また、評価制度に関しては事前に確認しておくと入社後のミスマッチを防ぐことにつながるので、もし面接の過程で不安や疑問が残れば逆質問の場で確認してみても良いでしょう。


最終面接後にやるべきこと


最終面接が終わってホッと一息つきたいところですが、最終面接後にもまだやるべきことがあります。以下で確認していきましょう。


―面接後、お礼メールを送る


面接後にお礼のメールを送ることで印象が良くなるケースも稀にありますが、基本的にお礼メールを送ることで面接での評価が大きく変わるわけではありません。なので、必ず送らなければいけないわけではないですが、連絡先を把握している場合は送っておいたほうが良いでしょう。ただし、お礼メールは、あくまで感謝の気持ちを純粋に伝えるためのものです。面接で伝えきれなかった自己PRなどをだらだらと書くのではなく、わざわざ選考に時間を割いてくれたお礼の気持ちを丁寧に伝えることを意識しましょう。

なお、お礼メールを送る場合には、面接終了後など、できるだけ早く送るのがマナーです。深夜など、営業時間外に送ることは避けましょう。


―内定が出た場合、落ちた場合のことを考えておく


内定が出たからといって、そこがゴールではありません。内定を承諾するかどうか考えておく必要があります。面接を通して得られた情報や印象から、自分がその企業で活躍できるか、条件面なども含めて、自分が転職によって叶えたいと思っていたことがその会社で達成できるのかなど、イメージして内定を承諾するか否か考えておきましょう。

また、最終選考に落ちてしまった場合の心構えも必要です。不採用だった場合は、転職活動を続けていかなければなりません。選考結果が出るまでに、今後のキャリアをどうするのかも見直しておくと良いでしょう。今回の面接での改善点や反省点を考察することは次につながります。先のことを考え、自分の気持ちを整理しておくことが大切です。



まとめ


最終面接ではスキルや経験が評価されることももちろんありますが、それ以上に熱意や相性を判断されることが多いです。そのため、最終面接に向けて入念な対策は必要です。事前の情報収集や想定される質問への回答を考えておくこと、また逆質問をされたときにいくつか質問例を考えておくことなど、万全の態勢で最終面接に臨んでください。

 

この記事を監修したキャリアアドバイザー:


八重樫 勇輝 

株式会社ReBoot代表取締役


年齢:29

出身地:岩手県

趣味:漫画・映画鑑賞


経歴:

自分の転職活動の際、周囲のサポートで助けられたことをきっかけに、今後は自分が求職者の助けになることを決意し、起業。

現在は代表自ら求職との面談・就職支援を精力的に行う日々に明け暮れている。

求職者の皆様への一言:

面談から求人のご案内、資料の作成、入社後のフォローまで手厚くサポート致します!










Comments


bottom of page