top of page

【転職ノウハウ】キャリアチェンジのポイントと注意点まとめ!



昨今、年功序列や終身雇用制度が見直されつつあることから、人々の働き方は多様化してきています。そんな状況のなか、より自分に合う仕事を求めて「キャリアチェンジ」を考える人も少なくありません。

今回はキャリアチェンジをするならどんなタイミングが良いのか、どうすれば理想の転職ができるのかを解説します。もっと自分に合う新しいキャリアを見つけたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

もくじ

 

キャリアチェンジとは


キャリアチェンジとは、未経験の業界や職種へ転職することを指します。同じ業界で違う職種に移ることや、同じ職種で別の業界に転職するのもキャリアチェンジと考えることとします。

似た言葉に「キャリアアップ」がありますが、キャリアチェンジとは意味が異なります。キャリアアップは、経験のある業界や職種で、より高いポジションを目指すのが特徴です。例えば、担当業務に関してより専門性を磨いて昇進・昇格したり、転職して現職よりも高い役職に就いたりすることが含まれます。

キャリアアップでは給与や役職などの待遇が上がりますが、キャリアチェンジの場合は給与や役職が下がることもある点に注意が必要です。


―キャリアチェンジの目的


「もっと給料の良い仕事に就きたい」「仕事と家庭を両立しながら働きたい」「将来的に可能性が大きな仕事に携わりたい」など、人それぞれ仕事に関する悩みや目標があるでしょう。そういった現状の課題を打破したり、自分自身の理想像に近づいたりすることがキャリアチェンジの目的になります。包括的には、より豊かな生活や理想の人生を手に入れるためにキャリアチェンジを行うといえるでしょう。


―キャリアチェンジのメリット・デメリット


キャリアチェンジの最大のメリットは、視野が広がることです。未経験の業界・業種に携わると、新しい知識の習得や新たな発見をする機会が多くあるでしょう。知識や経験の幅が広がることによって、物事を多角的に見る力がつき、発想力や問題解決力が向上します。

さらに、キャリアチェンジによって希望の仕事に就くことができれば、モチベーションアップにもつながるでしょう。

一方で、キャリアチェンジをすると、新たな職場では基本的に未経験からのスタートになるため、それまでに身に付けたスキルや経験を活かせなくなるリスクがあります。慣れない環境のなかで早くスキルを身に付けなければと焦ってしまい、精神的なストレスがかかることも予想されます。

また、未経験者として入社する場合は、前職より年収が下がる可能性も頭に入れておいたほうが良いでしょう。



キャリアチェンジは何歳までOK?望ましい時期とは


年齢が低いほどポテンシャルを評価して採用を行う企業が多いため、20代や30代前半の年齢層のほうが満足度の高い転職を実現しやすい傾向があります。ただし、前職の経験を活かして次のキャリアに進むこともできるため、ミドル世代でもキャリアチェンジは可能です。年齢を理由にキャリアチェンジを諦めるのではなく、自分の年齢に合わせて適した方法を探ってみると良いでしょう。


―年代別に解説!キャリアチェンジを考えるときのポイント


キャリアチェンジを伴う転職は、年代によって注意すべきポイントが異なるため、以下では20代、30代、40代、それぞれの世代に分けて解説していきます。


・20代でキャリアチェンジするときのポイント

20代は比較的キャリアチェンジを実行しやすい年代です。第二新卒向けの求人に応募できたり、ポテンシャルを見て採用してもらえたりするため、未経験でも企業からのニーズが高いといえます。もし、新卒入社してから間もなくミスマッチを感じたり、一定期間働いてみて進みたい方向に変化が生じたりした場合、早めにキャリアチェンジを検討してみると良いでしょう。

アピールできる経験が少ないからと諦めず、キャリアチェンジの動機や意欲を前面に出して転職活動を行ってみてください。


・30代でキャリアチェンジするときのポイント

20代とは異なり、一般的に30代では一定のキャリアを積み重ねたうえでのキャリアチェンジとなります。これまでの経験やスキルを活かして、新たな業種・職種でも価値を発揮することが求められるため、今まで培った力をどう活かせるか考えてみましょう。コミュニケーション力やマネジメント力といった、どの職場でも活かせるポータブルスキルをアピールするのも良いでしょう。事前にキャリアの棚卸しをしっかりと行い、未経験の部分を補えるような自分のアピールポイントを明確にしておくことが大切です。


・40代でキャリアチェンジするときのポイント

40代でも、キャリアチェンジができる可能性は十分にあります。ただし、高い専門性やマネジメント力が求められる傾向が強まるため、未経験の職種への転職は難易度が上がります。専門性を活かしつつ、キャリアチェンジをするためには、他業界の同職種へチャレンジしてみることがおすすめです。転職活動が難航する場合には、これまでの経験・スキルを活かせるような転職先を選択肢に含めることで可能性が広がります。



キャリアチェンジを成功させるために必要な準備


キャリアチェンジを伴う転職は、年齢にかかわらず大きな決断です。あとで後悔をしてしまうことのないよう、必要な準備をしっかりと行っておきましょう。


―準備1. 自己分析をしっかりと行う


キャリアチェンジを成功させるために最も大切なことは、自己分析の徹底です。これまでの経験を踏まえ、自分の強みや弱み、仕事における価値観、目指したい方向性を改めて考えてみましょう。

特に30代以上の人が未経験の業界や職種へ転職する場合には、前職で培ったスキルをどう活かせるのかを採用担当者に示すことが重要です。そのため、これまでの経歴・キャリアを洗い出して、自分の得意分野や専門性を明確にしておきましょう。

自分に合った仕事を見つけるためにも、自分のアピールポイントを整理するためにも、納得のいくまで時間をかけて自己分析を行ってください。


―準備2. 採用担当者が納得する志望動機を考える


志望動機は、採用担当者が納得するようなポジティブな言葉で伝えることがポイントです。たとえ、「今の仕事が嫌だから」というネガティブな理由や「なんとなく新しい仕事に挑戦したいから」という曖昧な理由で転職活動を始めたとしても、その理由だけを伝えることは避けましょう。キャリアチェンジによってどうなりたいのか、なぜこの会社を選んだのか、会社にどう貢献したいのかなどを考え、面接時はポジティブな理由も用意するようにしてください。採用担当者から魅力を感じてもらえるような志望動機をつくることがポイントです。


―準備3. 業界研究・市場調査を行い、理解を深める


転職後のミスマッチを防ぐためには、転職先の業界や会社についてしっかり調べておきましょう。未経験でも転職しやすい業界か、業界・会社の給与水準は自分の希望に見合っているか、成長に期待できる会社かなどをチェックするのがおすすめです。

調べる方法は、会社四季報などの書籍や業界紙、企業サイトなどが挙げられます。また、転職セミナーに参加したり、志望先の業種・職種の先輩に話を聞いたりするのも良いでしょう。



キャリアチェンジの注意点


より良い環境を求めてキャリアチェンジをしたものの、理想どおりにいかないケースもあります。以下では、キャリアチェンジに失敗しないために気をつけるべきことを見ていきましょう。


―注意点1. 今の会社よりも労働条件が悪くなることもある


未経験の仕事に就くことによって、給与や労働条件が悪くなることもあります。

たとえ、そのような状況になっても転職を後悔しないようにするためには、転職先に求める条件をしっかりと考えておくことが大切です。「自分のやりたい仕事に就けるなら給与や労働条件が悪くなっても良い」と思えるのであれば問題ありませんが、条件面も重視したいのであれば、どの程度の水準を望むのか明確にしてから会社を選ぶ必要があります。ただし、すべての希望を満たす転職先を見つけることは難しいため、優先順位をつけて転職活動を行うと良いでしょう


―注意点2. 転職先がなかなか見つからないこともある


業種や職種によっては未経験だと採用されづらく、転職活動が難航するリスクがあります。長引く転職活動で、疲れや不安が溜まり、ストレスを感じてしまうかもしれません。そんなときには、むやみに焦ったりやみくもに動いたりするのではなく、前向きに対策することが大切です。転職先に求める条件を見直して、これまで候補に入れていなかった業界に目を向ける、ほかの転職方法を探してみるなど、さまざまな対策を検討してみましょう。


―注意点3. 新しい環境に慣れるのは時間がかかる


新しい会社に入ると社風や労働環境が一変するため、慣れるまでに時間がかかります。業界や会社ごとに独特のルールや慣習があり、戸惑うこともあるかもしれません。それでも焦らずに周囲と積極的にコミュニケーションを取って、サポートしてもらいながら学んでいく姿勢を心掛けましょう。

また、入社前に働くイメージを膨らませておくことも、早く馴染むためのポイントです。具体的な仕事内容や勤務先の社風など、分からないことがあれば説明会や面接時に聞いておくようにしましょう。



まとめ


キャリアチェンジをすることで新たな自分に出会え、理想のキャリアに近づける可能性が高まります。ただし、未経験の仕事への転職は、条件面で希望通りにいきにくかったり、これまでのスキルを活かせなかったりするリスクもあるでしょう。

キャリアチェンジを成功させるためには、目的や将来のビジョンを明確にしたうえで、事前準備をしっかり行うことが大切です。また、報酬や勤務時間、権限や将来性など、転職の成功・失敗を決める因子は多岐にわたります。だからこそ何もかもが希望通りの転職先が見つかることはまずあり得ません。自分が大切にしたい条件と、捨てても良い条件を事前に整理して、満足できる結果にたどり着ける土台を作っておきましょう。新しいことに挑戦するのは、どんな年齢でも遅くありません。自分がより高いモチベーションを持って働ける仕事をぜひ探してみてください。


 

この記事を監修したキャリアアドバイザー:


八重樫 勇輝 

株式会社Reboot代表取締役


年齢:29

出身地:岩手県

趣味:漫画・映画鑑賞


経歴:

自分の転職活動の際、周囲のサポートで助けられたことをきっかけに、今後は自分が求職者の助けになることを決意し、起業。

現在は代表自ら求職との面談・就職支援を精力的に行う日々に明け暮れている。

求職者の皆様への一言:

面談から求人のご案内、資料の作成、入社後のフォローまで手厚くサポート致します!










Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page