【転職ノウハウ】【女性向け】年代別のオススメ業種と転職のポイントまとめ!



転職を考える女性には、それぞれ転職で叶えたい希望があるはずです。「産休・育休・時短制度の利用率が高い会社で働きたい」「残業時間があまり多くない環境が良い」など、ワークライフバランスを整えるために転職をしたいと思う人や「今よりも規模の大きい案件に携わりたい」「専門的なスキルが習得できる環境で働きたい」などキャリアアップを見据えて転職を考える女性もいるでしょう。


この記事では、女性が転職前に確認すべきことやおすすめの仕事、さらに年代別で意識するべきポイントをご紹介します。

 

もくじ

女性の転職は難しい?転職前に確認したい4つのこと

ーパートナーと自分の希望の仕事について相談する

ー理想のワークライフバランス自分の中で決める

ー企業の福利厚生や制度の情報収集を行う

ー転職直後では育休など一部の制度が適用されない可能性も

長く働ける、女性におすすめの仕事は?

ー働き方を柔軟に選びやすい仕事

ー将来性がある安定した仕事

年代別!女性が転職時に意識すべきポイント

ー20代は今後のキャリアプランが大切

ー30代はスキルや経験が期待される

ー40代以上は専門スキルやマネジメント経験が重要

まとめ

 

女性の転職は難しい?転職前に確認したい4つのこと


転職に不安を感じる女性の中には、自分が女性という理由だけで転職で不利になるのではないかと心配する人もいるでしょう。例えば企業から、「結婚して仕事を辞めてしまう可能性があるのではないか」「妊娠・出産によってすぐ休暇に入ってしまうのではないか」「子育て優先であまり働けないのではないか」などと思われたりしないかと不安になる人もいるのではないでしょうか。


結論から述べると、上記のような女性だからという理由だけで転職時の選考が不利になることはありません。選考時、企業の採用担当者はさまざまな要素から 「長く自社で活躍してくれる人材か」を判断します。そのため「長くその企業で働く意思があること」「必要十分な企業側から求められるスキルがあること」を証明できるのであれば、性別は関係ありません。ただし、女性の転職において長くその企業で働く意思があること」の証明が難しいケースもあるかもしれません。しかし、それは転職前の準備次第で払拭できることもあります。以下に、女性が転職前に確認しておきたい4点をご紹介します。



ーパートナーと自分の希望の仕事について相談する


結婚をしている女性の場合、パートナーとの相談は不可欠です。事前に相談をしていないと、自分の希望するキャリアが実現できない可能性があります。例えば、結婚後の家事の分担はどうするべきか、子供ができたら育児はどのように分担するか事前に相談しておかないと、パートナーは「結婚後の家事全般や育児は任せるから、仕事はほどほどにしてほしい」と思っているかもしれません。「結婚後、子供ができてもフルタイムで正社員として仕事をしたい」と自分は思っているにも関わらず、その認識のすり合わせができていないとその希望を叶えられない可能性があります。もちろん、パートナーの意向もあるので、全て自分の希望通りにキャリアを形成できるとは限りませんが、お互いが協力体制を築くことで、それぞれの希望を叶えられる可能性も高まります。 自分が理想としているキャリアビジョンをパートナーに伝えておきましょう。



ー理想のワークライフバランス自分の中で決める


バリバリ仕事をすることを目指す女性だけではなく、自分のプライベートの部分も充実させながら働きたいという女性もいるでしょう。理想のワークライフバランスは人それぞれ異なります。趣味を重視したい、家事・育児を優先したい、仕事に重きを置きたいけど時々は息抜き程度に休暇も取りたいなど、さまざまな考え方があります。また子供の有無、子供の年齢などによっても仕事に求める条件は変わるでしょう。転職先を選ぶ際に、自分の理想とするワークライフバランスの状態が自分自身で理解できていないと、希望と異なる働き方を期待される企業に就職してしまう可能性があります。そうなると仕事がストレスとなったり、そもそもプライベートとの両立が難しくなって退職することになってしまったり、ということにつながりかねません。転職をする前にもう一度自分がどのように働きたいか、理想とするワークライフバランスを考えておきましょう。



ー企業の福利厚生や制度の情報収集を行う


女性活躍推進法が改正され、令和4年から女性活躍に関する情報公表の義務の対象が拡大されることとなり、より多くの企業で女性社員が働きやすい環境が整えられていくことが考えられます。また、改正育児・介護休業法が国会で可決され、令和4年4月から育休の意思確認が企業に義務化されることとなりました。また同年秋からは男性産休も新設される予定です。


今後出産を望むのであれば、転職を検討している企業で不安なく出産を行えるのかという視点で企業を探すのも選択肢のひとつです。産休・育休などの制度はもちろん、休みの取りやすさや制度の充実度を確認することも大切です。


また、女性が活躍できる環境が整えられた職場であるか確認するためには、えるぼし認定を確認するのも有効です。えるぼし認定は、女性の活躍促進に関する状況などが優良な企業を認定する制度です。採用や継続就業率、さらに管理職比率などの観点から認定されます。中立的な立場から女性が活躍しやすい職場であるのか判断されるので、参考にしてみることをおすすめします。



ー転職直後では育休など一部の制度が適用されない可能性も


子供は授かりものなので、計画的に妊娠や出産のタイミングを調整することは難しいものです。そのため、転職した後すぐに妊娠が気付いたということも十分にあり得るケースです。入社してからの在籍期間が短い場合は一部の制度が適用されない・利用できない可能性があるため覚えておく必要があります。産休は労働基準法第65条によって雇用先は労働者から休業の要請があった場合は、対象となる労働者を休ませなければいけない義務が定められています。そのため、転職直後でも問題なく取得が可能です。一方で、育休については、育休法で1年以上同一の事業者に雇用されていることを取得の条件としているため(正社員の場合)、転職直後に育児休暇を取得することは難しいでしょう。そのため、パートナーや実家ご両親など身近な人と話し合って、育児休暇を自分が取得できなくても育児が調整できるか確認しましょう。



長く働ける、女性におすすめの仕事は?


女性で子供を望む場合は、産休・育休など制度が充実している企業を選ぶだけではなく、場合によっては、生活の変化に柔軟に対応できる仕事や職場を選んだ方が良いこともあるでしょう。パートナーと相談し家事や育児を自分が優先的に対応することになれば、育休後も 時短勤務が可能であったり、働く場所を在宅など リモートワークに対応できたり柔軟に選べる仕事に就くことで負担を軽減することができるでしょう。


また、子育てには一定の経済力が必要です。学校の教育費のみならず、衣・食にかかる生活費、検診などの医療費など子供を育てる上では養育費がかかります。そして子供が成人し自立するまでには、少なくとも20年程度の年数がかかることを前提に、長期的に安定した収入の確保を意識することも大切です。


そのような観点から、以下に女性におすすめの仕事の特徴を2つご紹介します。



ー働き方を柔軟に選びやすい仕事


在宅勤務やリモートワークなどが普及し、時間や場所を限定されずに柔軟に働ける環境が多くの企業で整えられつつあります。特に柔軟に働きやすい職種としては以下のような例が挙げられます。


・ライター

・WEBデザイナー、クリエイター

・システムエンジニア、プログラマー


出社しなくても作業でき、仕事の成果や進捗を見せやすい職種は働き方を柔軟に選びやすく、おすすめの仕事です。いわゆる「 手に職を付けられる職種」となるので、この先キャリアアップを考える女性にとってもおすすめできます。



ー将来性がある安定した仕事


経済産業省が公表した「IT 人材需給に関する調査(平成 30 年度調査報告書)」によると、2018年から2030年まで需要が高い状態が続き、最大で約 79 万人人材が不足すると予測されています。あらゆる分野でデジタル化が進み、人材が多く求められていることから、IT分野は将来性がある仕事のひとつと考えられるでしょう。


また、介護関連の職種も将来性のある仕事のひとつだといえます。内閣府が公表した「令和2年版高齢社会白書」によると、令和47(2065)年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上という少子高齢化は年々加速すると予想されています。さらに、核家族世帯が増え、65歳以上の高齢者が子供と同居することが減ってきています。そのため、訪問介護やデイサービス、さらに特別養護老人ホームなど介護サービスの需要は今後も高まり続けると予想できます。


上述した仕事以外にも、将来性が期待できる業界は多数ありますが、ポイントとしては業界全体が継続的に成長しているかを見極めることが大切です。業界の成長性があるのか調べる方法としては、政府や帝国データバンクが定期的に掲載する統計データを確認したり、金融機関のホームページで業界別のレポートが掲載されることもあるのでそれらを確認したりして、20年後・30年後も安心して働ける業界であるか調べてみると良いでしょう。



年代別!女性が転職時に意識すべきポイント


ここからは、年代別に女性が転職活動で気をつけるべきポイントを解説します。


ー20代は今後のキャリアプランが大切


20代の転職ではポテンシャルを評価されやすく、未経験でも採用される可能性があります。ただし、在職期間が極端に短いと応募先の企業から「採用してもすぐに辞めてしまうのでは」とネガティブな印象を持たれることもあるので注意しましょう。20代前半までの転職であれば、第二新卒としてスキル・経験を問わないケースも多く、転職者でも比較的充実した教育を実施してもらえるでしょう。20代後半であっても、もちろんそれまでの経験や培ってきたスキルも大切ですが、今後の成長性も非常に重要です。そのため、選考時に採用担当者がイメージしやすいように、自分が入社後どのように働きたいか「キャリアプラン」を具体的に示しながら、意欲をアピールするようにしましょう。


また、応募する企業を選ぶ際には、仕事のキャリアプランと合わせて、自分のプライベートなライフプランも考慮したうえでストレスなく働けるか確認することをおすすめします。結婚や子供を望むのであれば、その後も無理なく働ける環境であるかという視点も忘れずにおさえておきましょう。


ー30代はスキルや経験が期待される


20代の転職に比べて、30代での転職はスキル・経験を重視されることが多くなります。社会人としてある程度経験を積んできた30代の転職では、即戦力としての活躍が求められます。また、チームを率いるリーダーシップ・マネジメント力も必要とされることがあるでしょう。


このような能力を効果的にアピールするためには、 スキルやキャリアを棚卸しして、自分の強みを理解することが必要です。未経験の業界や職種への転職を希望する場合は、その自分の強みが志望する企業の業務においてどのように発揮できるかを具体的に志望動機に落とし込む必要があります。自分のスキル・経験の棚卸しをして、強みをアピールできるように転職準備をしておきましょう。


また、内閣府「令和3年版 少子化社会対策白書」によると、第一子の母親の平均年齢が2019年で30.7歳となっており、子供を望む女性は、妊娠・出産そしてその後の働き方に関しても考えていかなければなりません。残業時間が多すぎる環境ではないか、産休・育休取得後に仕事に復帰する女性が多いかなど、転職先に求める条件を見直すことも大切です。


ー40代以上は専門スキルやマネジメント経験が重要


40代以上は、後輩や部下を教育したマネジメント経験や今まで培ってきたスキルが問われます。 高いコミュニケーション能力や課題解決能力など、習得するのに時間を要する能力が企業から評価されます。40代以上を求める求人の中には、管理職やマネージャー経験者を求めているものが多くあります。管理職候補の採用のポイントとなるのは、実際に自分が部下を管理してきたというマネジメント実績です。このような実績を採用担当者にわかりやすく伝えるために「何名体制のチームだったのか・業務を遂行していく上でどのような工夫を施しマネジメントを行ったのか・結果としてどのような成果が出たのか」を具体的に伝えられるように準備しておきましょう。


また、40代で未経験職種に挑戦する場合、仕事に必要な資格の取得をおすすめします。なぜなら企業は40代の採用の場合「即戦力」を求めているからです。例えば、不動産業界への転職を検討する場合は、宅地建物取引士や管理業務主任者など、介護業界への転職を検討する場合は、介護福祉士など、希望する職種に関係する資格を取得しておくと採用時にすぐ即戦力として働けるアピールができます。



また、40代の女性の中には子育てがひと段落して、社会復帰のために転職活動をスタートさせる人もいるでしょう。正社員での再就職は難しいと思う人もいるかもしれませんが、実際ブランクがあっても問題なく応募できる求人は多数あります。子育てに専念する以前の職で経験したこと、どのようなスキルがあるのか、自分の実績を一度棚卸ししてみましょう。また働けていなかった期間に何をしていたのかもポイントです。業務に必要な本を読んだり、業務委託で空いた時間を使って仕事を受けていたり、自己啓発のため行っていたことなど洗い出し、応募先の企業でその今までのスキルがどのように活かせるのかイメージしましょう。



まとめ


女性の転職は難しいのではないかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、実際に女性で転職して給与・待遇や労働環境が改善されて満足のいく転職をしている女性も大勢います。

何よりも大切なのは転職前に事前に準備を行うことです。結婚を考えるのであればパートナーと協力体制を築く、出産を望むのであれば働きやすい環境も考慮した上で仕事を選ぶなど、自分のライフプランと照らし合わせて転職を決断するようにしましょう。

 

この記事を監修したキャリアアドバイザー:


八重樫 勇輝 


年齢:28

出身地:岩手県

趣味:漫画・映画鑑賞


経歴:

自分の転職活動の際、周囲のサポートで助けられたことをきっかけに、今後は自分が求職者の助けになることを決意し、起業。

現在は代表自ら求職との面談・就職支援を精力的に行う日々に明け暮れている。

求職者の皆様への一言:

面談から求人のご案内、資料の作成、入社後のフォローまで手厚くサポート致します!